この記事へのコメント

パンキーの奥さんCUTiE〜(*´8`*)!

ところで、キャラクター達の名前などは どうやって決めているんですか?

由来とかあるんでしょーか?

忙しいトコすみません(;′・ω・)

気になったもので…。


Posted by コダマ at 2012年11月02日 05:11
こんにちはー

コメントありがとうございます!

ウィニーはとても明るい女の子です…が、
中々ツワモノではありますよ。


キャラの名前は大体自然に決まりますが、
それは彼らの性格や、経験した事に関係がある場合も多いです。

天風やマリアは本名を名乗っていますが、
この話のバニーやブレインはある状況に由来した古い仇名を使っています。

レッドローズは芸名で、パンキーも仇名というか、孤児で名前がわからないという設定です。

彼らは時に本名を互いに知らずにやりとりしています。

私は子供のころからカートゥーンが好きだったのもあるのか、
とにかく単純で記号的で覚えやすい、
一言で言える名前をつける事を心がけています。

それはこの作品に限らず、ほとんどの漫画やアニメで同じようにしています。
Posted by ktooonz at 2012年11月02日 13:34

裏設定(?)まで教えてもらって、嬉しいです!
(*・∀・*)

私も、ケーブルTVで『宇宙家族ジェットソン』や『どら猫大将』を観てました☆

ケイトゥーンズさんの作品に惹かれたのも、レトロキュウトな絵柄にシビアな展開と 良いギャップで痺れたんです
(*´艸`*)


しかしブレイン… ローズをからかったり 紳士的に振る舞ったり…!

なんて 男!


シビれるー(*´∀`*)

Posted by コダマ at 2012年11月03日 23:30
コダマさんはギャップ萌えですね。

私も同じです。

強そうで弱いとか、おバカっぽくて意外と賢いとか、
現実でもそういう人たちに惹かれます。

可愛い絵柄で完全に可愛い話を作っても面白くないような気がしますし、
正負のバランスみたいなものを目指しているかもしれません。

美しいものも醜いもの、昇りつつ掘り下げる、両方拡げて味わいたいような・・・


ジェットソンやどら猫は、ハンナバーバラのTVアニメですね。

アメリカのTV物で、私が覚えているのは
「ドラドラ子猫」とか「ドボチョン一家」とかありました。

アメリカ物は設定がはっきりして、ファンタジックで明るくて、
女の子がバンドをやっていたり、人種が様々だったり
子供ながらに違う文化を感じ取っていました。
Posted by ktooonz at 2012年11月04日 00:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/299975210
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。